このドキュメントでは、HTML 4.01 Transitional で使用できる <FONT> タグを解説します。<FONT> タグは HTML 4.01 Strict や XHTML 1.0 では廃止され、代わりにCSSスタイルシートの使用が推奨されています。

<FONT> タグは、文字の大きさや色、フォント(書体)を指定します。終了タグは省略できません。スタイルシート属性でも同様の指定を行えます。文字の色は color、書体は font-family、サイズは font-size で指定します。

書式

<FONT [attribute=value ...] content-model </FONT>

属性

属性は全て省略可能です。

size
文字のサイズを指定します。文字の大きさは1〜7の絶対値で指定するか、+1や-1などの相対値で指定します。フォントの大きさの規定値は3です。
color
色を指定します。色の指定方法は「色の指定方法とカラーチャート」のリンク先をご覧ください。スタイルシート属性 color でも指定することができます。
face
文字のフォント(書体)を指定します。指定できるフォントはスタイルシート属性 font-family と同じです。カンマで区切って優先順に指定でき、ブラウザで表示可能なフォントで表示されます。

DTD

使用例と表示サンプル

部分的に<font color="red">赤い色</font>を指定します。

部分的に赤い色を指定します。

<font size="1">size=1</font> <font size="2">size=2</font> <font size="3">size=3</font> <font size="4">size=4</font> <font size="5">size=5</font> <font size="6">size=6</font> <font size="7">size=7</font>
size=1 size=2 size=3 size=4 size=5 size=6 size=7