<figure>は図とキャプションを表わすHTML要素です。この記事では、<figure>タグの使い方をサンプルを交えてご紹介しています。

構文

figureは図表を表わすHTML要素である。子要素としてimgとfigcaptionを持つことができる。

<figure>
</figure>

属性

HTML5では、すべての要素(タグ)にグローバル属性を指定できる。

サンプル

図の下にキャプションをつけるサンプルを示す。

<figure>
  <img src="/img/tsuka.png" alt="くじら">
  <figcaption>図1 くじら</figcaption>
</figure>

上記のHTMLは次のように表示される。

くじら
図1 くじら

図のキャプションは上につけることもできる。

<figure>
  <figcaption>図1 くじら</figcaption>
  <img src="/img/tsuka.png" alt="くじら">
</figure>
図1 くじら
くじら

関連記事

SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送