<DL>

定義リスト(Definition List)を作成します。 開始タグ <DT> と終了タグ </DT> の間には DT (Definition Term) 要素タイプ および DD (Definition Description) 要素タイプ を含めることができます。

書式

<DL [attribute=value ...] content-model </DL>

属性

属性は全て省略可能です。

compact
定義語(DT要素タイプ)が短い場合は、定義記述(DD要素タイプ)との間に改行を入れないように指定します。省略した場合、定義語と定義記述との間には必ず改行が入ります。

HTML の各要素は DTD によって定義されています。 DL 要素が DTD でどのように定義されているかを見るには、次のリンクをクリックしてください。

使用例と表示サンプル

<dl compact>
<dt>XML</dt>
<dd>拡張可能なマークアップ言語。</dd>
<dt>エレメント</dt>
<dd>XML文書の基本となる情報単位。開始タグから終了タグまで。</dd>
</dl>
XML
拡張可能なマークアップ言語。
エレメント
XML文書の基本となる情報単位。開始タグから終了タグまで。

<DT>

定義語(Definition Term)であることを示します。定義リストタグ <DL> と </DL> の間に記述します。終了タグは省略できます。

書式

<DT [attribute=value ...] content-model </DT>

開始タグ <dt> と終了タグ </dt> の間にはインライン要素を含めることができます。 <dd> と異なり、ブロック要素を含めることはできません。

HTMLの場合は終了タグ </dd> を省略できます。XHTMLの場合は終了タグを省略できません。

DTD

使用例と表示サンプル

HTMLタグ <dt> の使用例と表示サンプルを次に示します。

<dl>
<dt>DL</dt>
<dd>定義リスト(Definition List)</dd>
<dt>DT</dt>
<dd>定義語(Definition Term)</dd>
<dt>DD</dt>
<dd>定義の説明文(Definition Description)</dd>
</dl>
DL
定義リスト(Definition List)
DT
定義語(Definition Term)
DD
定義の説明文(Definition Description)

<DD>

定義の説明文(Definition Description)であることを表します。

書式

<DD [attribute=value ...] content-model </DD>

開始タグ <dd> と終了タグ </dd> の間にはブロック要素およびインライン要素を含めることができます。

HTMLの場合は終了タグ </dd> を省略できます。XHTMLの場合は終了タグを省略できません。

DTD

使用例と表示サンプル

<dl>
<dt>DL</dt>
<dd>定義リスト(Definition List)</dd>
<dt>DT</dt>
<dd>定義語(Definition Term)</dd>
<dt>DD</dt>
<dd>定義の説明文(Definition Description)</dd>
</dl>
DL
定義リスト(Definition List)
DT
定義語(Definition Term)
DD
定義の説明文(Definition Description)