<BASE> はリンク先のベースターゲット(基準値)を指定するHTMLタグです。 また、リンク先のページを開くときのウィンドウやフレームを指定することもできます。 <HEAD> と </HEAD> の間に記述します。

構文

HTML

<BASE [attribute=value ...]></BASE>
<BASE [attribute=value ...]>

XHTML

<base [attribute=value ...] />

属性

HTMLのバージョンにより、指定できる属性が異なります。

属性 HTML5 HTML 4.01
Transitional
HTML 4.01
Strict
XHTML 1.0
Strict
href 必須 省略可能 必須 必須
id N/A N/A N/A 省略可能
target N/A 省略可能 N/A N/A
href

リンク先の基準となるURIを記述します。たとえば、基準URI(base要素のhref属性)が itref.fc2web.com で、リンク先(<A>タグのhref属性)が index.html であれば、実際のリンク先は itref.fc2web.com/index.html となります。

id

CSSJavaScriptで要素を一意に特定したい場合は、XHTML文書内で一意となる識別子を指定する。

target
リンク先のページを開くときに現在のウィンドウを使うか、新しいウィンドウを開くかを指定します。省略した場合は、現在のウィンドウを使います。HTML 4.01 Strict や XHTML では廃止されました。
base要素のtarget属性
説明
_blank 新しいウィンドウを開きます
_self 現在のウィンドウを使います
_top フレーム分割している場合、フレームを解除して現在のウィンドウを使います
名前 指定した名前のフレームを使います

DTD

HTML の各要素は DTD によって定義されています。 BASE 要素が DTD でどのように定義されているかを見るには、次のリンクをクリックしてください。

HTMLタグ <base> の使用例を次に示します。

<html>
  <head>
    <title>An example of base element</title>
    <base href="itref.fc2web.com">
  </head>
  <body>
    <p>
      <a href="index.html">An example of base element</a>
    </p>
  </body>
</html>