<APPLET>

このドキュメントでは、HTML 4.01 Transitional で使用できる <APPLET> タグを解説します。<APPLET> タグは HTML 4.01 Strict や XHTML 1.0 では廃止されました。代わりに <OBJECT> タグで置き換えられますが、ブラウザの対応状況がまちまちなので、現在でも使われています。

<APPLET> タグは、HTMLドキュメントにJavaアプレットを貼り付けます。

書式

<APPLET [attribute=value ...] content-model </APPLET>

属性

次の属性を指定できます。属性は全て省略可能です。

codebase
code属性で参照するファイルの基準となるURIを指定します。
archive
アーカイブファイルをスペースで区切って、指定 codebase からの相対パスを指定します。
code
アプレットのファイル名を指定します。
alt
代替テキストを指定します。
width
幅の初期値
height
高さの初期値
align
配置
属性地意味
top
middle真ん中
bottom
left
right

DTD